桜花往生

kanayano版日本近代史。

2015/01/03(Sat)

大陸の覇者(5)

子杏が覚悟を決めるより早く翔が子杏の体を庇い、刹那、目の前の銃口がその体もろとも視界の右方へ吹っ飛んだ。状況を理解しようと思考を巡らす前に、聞きなじんだ声がした。爛華だ。

「無事か!」

子杏を庇っている翔の体は、先ほどの落馬で背中を強打している。うまく動けないの、と子杏は爛華に懇願するように言った。爛華が気遣うように翔を見やると、翔はもう自分で体を起こしており、立ち上がろうとして、倒れた。

「当たり前だ、3年も牢獄に繋がれたままだったんだそ、体中の筋肉が使い物にならないことくらい自覚しろ」

このときようやく子杏は気が付いた。そうだ、日も当たらない堅い石塀の牢獄で長く暮らしてきた翔が、なぜここまで自分を連れてこられたのだろう。自分を引く手、乗馬、ここにくるまでに、自分たちを殺そうとする敵を何人も倒してきたのだ。

「今部下を呼ぶ。先導させるから、先に逃げろ」

翔はなおも立ち上がろうとした。爛華の手を払って、その時初めて、翔は目の前の人間と意思を通じようとした。

「生高は」
「自宅だ。ここを片付けたら、俺は攬把のところに戻る」
「数は」
「敵先遣隊が千、現状我々は三百前後。村の人間を逃がす方に兵を裂いてる。向こうは張攬把の軍だ。本隊の数はおそらく……」

 それを聞くと、翔は手近な馬の手綱をとり、跨った。先ほどまで立つことすら難しかった男の身のこなしでは無い。

「子杏」

 翔が子杏の名前を呼んだ。子杏はそのことに驚いて肩を竦めた。

「ここを離れろ。お前は生きろ。必ず生きろ」

 そうして翔は馬の腹を蹴った。爛華はそれを制すべく翔の名前を呼んだが、馬上の後ろ姿は、燃え盛る民家の煙にまかれ、すぐに見えなくなってしまった。


 ***


 生高は椅子に座り、村内の諍いの音を聞いていた。
 爆音がするたびに壁が揺れた。生高の自宅兼軍議所は2階、先ほどの爆撃で窓ガラスが割れ、直接月の光が部屋を刺していた。兵士の声が聞こえる。生きる力の漲る怒声と、消えゆく命の断末魔。ようやく気付いた、村の人間の安息がことごとく踏み荒らされていく。やはり自分には、ひとつの集団を収めるほどの力はなかったのだ。初めから理解していた。だが仕方なかったのだ。

 父である先代、梁続山は武に秀でた男だった。小さな村から身を立て、やがて一代で村一つを守護するようになった。やがて村の女との間に生まれたのが生高。女は生高を生んですぐ亡くなり、上海の料亭の女将を自分の妾にした。その女との間に生まれたのが二男文秀。やがて隣村から新しく正妻を迎え、三男と四男が生まれた。妾との間にもう一人女の子。その他に、敵地から文秀が拾ってきた孤児が、兄弟に加わった。孤児は「文山(ウェンシャン)」と名付けられた。

 すぐ下の弟、文秀は文武ともに優れた人物だった。父の軍の参謀も務めた。生高もまた非凡ではなかったために同じく参謀職を奉じていたが、文秀は当家の長男である生高を立てるように、自ら進言することも無く、人知れず生高と次の作戦を話し込み、立案はあくまで生高のものであると皆に知らしめた。戦場においても現場指揮を執るのは文秀。かれは天性の才で人心を集めた。文秀の指揮に、軍の指揮は上がった。生高自身は、次の当家は文秀だと思っていた。文秀はそのつもりは無いといった。

「日本人に、その任は務まらない」

 当家の妾は日本人だった。
 そしてその文秀が拾ってきた孤児も、純粋なる日本人だった。
 その日本人に、血のつながらない末弟に、生高は右手を奪われた。
 文秀も、先代も殺された。
 齢十八の少年を相手に、先代一族は成す術もなかったのだ。



 ぎし、ぎし、と、階段を上がる靴の音が聞こえた。
 家の前を守る兵もいたはずだが、それをまた、儚くなったということか。

 さて、ここに至るものが将のクラスであってほしいものだ。少しでも話ができれば、逃げるものどもの力になることもできるのだが。

 鼻で自嘲した。文秀、貴様ならこの局面、どう乗り切る。自らの兵をこれだけ殺して、せいぜいできることが時間稼ぎ程度とは。
 張攬把は襲撃した村の人間を根こそぎ殺害するのだという。禍根を残せば、その人間が張攬把の命を狙いに来るからだ。その非情さがかの強さを形成し、一方私は、この程度の戦術しか見いだせぬ。ここで時間を稼いだとて、足の遅い女子供、老人は取って返したかの軍に皆殺しにされるだろう。せめてもの護衛に兵力を裂いた。なんと中途半端な。
 非情になりきれぬ将は、いずれ淘汰されよう。その時が来たのだ。

 靴の音が扉の前で止まった。
 生高が意を決して眼前を見据える。

 来訪者は足元もおぼつかず、壁に手をついて歩いていた。肩で深い息をしている。衣類に血液が付着しているが、右肩以外は彼のモノではないらしい。

 生高は記憶をゆっくりと底から引き揚げた。
 忘れるはずもない、だがまさか、いまここで目にするとは露程もも思わなかった。

 来訪者がゆっくりと顔を上げた。その顔が、生高を捉えた。
 
 あの日、以来だ。
 あの日、父を殺し、義理の母と弟たちを殺し、生高の右腕を奪い、
 そして、文秀を殺したあの日。

「文山」

 翔は生高の部屋に不自由な足を踏み入れた。
 割れたガラスの向こうで、いまだに砲撃は続いている。
  
web拍手 by FC2
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ

作者


Author:kanayano
16歳の時に書いた脚本のエチュードを書き連ねています。
かなやのぶ太名義、私生活ブログはこちら

最新記事

目次

※カテゴリは話数降順に並べておりますので、こちらから入っていただければスクロールでご覧いただけます。

■1、発芽―grow out― (65)
1、最後の恋人 (4)
2、北条古巻 (16)
3、少年と少女 (1)
4、はじまりの業火 (15)
5、月下の惨劇 (1)
6、「傾城傾国」 (28)
■2、着蕾―The bud― (54)
1、孝子、決別 (8)
2、青 (1)
3、吉岡輝也の憂鬱 (20)
4、田園都市、春 (18)
5、大陸の覇者※連載中 (7)
■ 番外『陸奥湾を抱く街』 (59)
1、明治37年、最上桔華 (8)
2、わたしの祖国 (11)
3、陸奥湾を抱く街 (9)
4、祭りのあとに (12)
5、裏切りの祖国 (13)
6、「いのち」 (6)
■番外『仮宿の楔』 (16)
1、奇人二人 (7)
2、「めらんこりあ」※連載中 (9)
読者様から頂いたイラスト (11)
from kanayano (9)

「本編」これまでのお話


<「5、大陸の覇者」登場人物>

伊藤 翔
21歳。幼いころに大陸に移住し、10歳の時に馬賊に家族を殺され、連れ去られた。18歳の時に家族の敵の一族を惨殺。現在は牢屋に投獄されている。支那名は梁文山(リャンウェンシャン)。
梁 生高(リャン シャンカオ)
38歳。父親は馬賊の統率者である「当家」梁続山。3年前、翔に父、母、弟を殺された。現在は周辺の「当家」を束ねる「攬把」。
李 爛華(リ ランホア)
23歳。村の青年。当家の一人。翔が村に連れてこられたころからの友人。
楊 和(ヤン フー)
18歳。字は子杏。爛華と同じく、翔を幼いころから知っており、獄中の彼の世話をしている。未亡人。

■「2、着蕾
大正4(1916)年。火事の中で記憶を失った弟・拓真の力になりたいと、自らも陸軍士官となることを決意した舎人孝子。日清両国の裏取引の対価として来日した吉岡輝也もまた、自らの庇護者である陸軍大将白河川修の計らいで、士官学校に入学する。奇しくも、士官学校予科では性別を偽って入学した孝子――雄一郎と名乗る――と同期であった。(1、孝子、決別
大陸進出を目論む帝国陸軍大佐久坂廣枝と、上海で裏を取り仕切る輝也の母親・仙楽弥が手を組んだ。楽弥の店で働く芸妓、宿禰緑子は、拓真と出会う。緑子は拓真に「また会いましょう」と告げて、その場を後にする。(3、吉岡輝也の憂鬱
大正9(1920)年。当代の人気歌人である最上桜花の下で暮らしている北条古巻。父親の愛人でもある桜花に、素直になれずとも平穏な日々を暮していた。身一つで転がり込んできた朝倉千鶴、桜花が朝鮮人街で助けた孫秀英。桜花と古巻の暮らしにも、新たな仲間が加わった。(4、田園都市、春

「番外」これまでのおはなし


2、「めらんこりあ」 登場人物>

舎人 耕三郎
陸軍大尉。27歳。
北条 古月
会社社長。26歳。会社の規模を大きくすべく、奔走している。
山方 明恵
16歳。美人だがめっぽう弁が立ち、家族から「奇人」と呼ばれている。そのせいで家を出た。
北条 篠
古月の妻。21歳。
北条 由枝
古月・篠の娘。4歳。

■「番外『仮宿の楔』
明治34年、東京。近衛師団に所属する舎人耕三郎大尉は、師団長・白河川修の来訪とともに、自分を訪ねる女の存在を知る。耕三郎を出せと叫ぶ女。そこに、耕三郎を知る商人、北条古月が通りかかる。女に帰れと宣う耕三郎。古月は女――山方朝重を連れて、一先ずその場を退いた。(1、奇人二人

おことわり

※当作品は物語のモチーフを実在の事件、人物に依拠していますが、事実関係は一切ございません。

※一部に暴力、流血、性的表現を伴う記事がございます。記事冒頭に注意書きを添えてありますので、閲覧の際にはご注意ください。

※本文中で中国語、ハングル、英語等の表現がありますが、作者の過小な語学力で作成しているため、ネイティブのものとは大きく異なる場合があります。ご了承ください。

※当ブログはリンクフリーですが、ご一報いただければこちらからもお伺いいたします。相互リンク大歓迎です(※アダルトサイトは除く)。

※拍手コメントをいただいた場合、同じ拍手内に返信をしております。ご確認をお願いします^^

皇国の黒鷲

黒澤修吾の孫であり、吉岡輝也の甥にあたる、黒澤一臣総理が担う平成日本のかたちとは。緒方順様と共同制作です。