スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
web拍手 by FC2

--/--/--(--)
スポンサー広告

吉岡輝也の憂鬱(8)

先に仕掛けてきたのは雄一郎だった。同期への合図も舎人にとっては不意打ちであっただろうにも関わらず、状況を即座に判断し、攻撃体制に入ったのだろう。反射神経まで抜群に良いとなると、いよいよ輝也に勝機は無い。

「!」

剣線を先読みしても竹刀で上段を弾きつつ、体を直線上から外すので精一杯だった。これが強力の使い手なら命とりであったが、おそらくこれは、雄一郎にとっては快心の一撃であったとしても、体重の軽い雄一郎では相手に致命傷を負わすことはできない。よって、輝也にもこれを受けつつ、とりあえず一撃目を凌ぐことができた。そうして予想通り、間髪入れずに左横薙ぎに竹刀がうねる。輝也はその剣撃より先に雄一郎の身体を追い越すようにして前に踏み込み、空振りさせた。雄一郎の背中が見えたところで輝也も竹刀を振りかぶってみたが、雄一郎は輝也の振り下ろしよりも早く竹刀を逆掛けし、その剣線ごと輝也を後方に吹っ飛ばす。輝也は右足を軸にようやく踏みとどまったころには、雄一郎がすでに目前に迫っていた。

 再び振り下ろされる一閃。
 力では勝てると確信した輝也は、竹刀鍔元でその一撃を受け止める。バシィンと竹刀の撃ち合う音が響いた。
 雄一郎は引かない。
 輝也もこれをかわせない。
 態勢は、雄一郎が押している形になっている。優位な姿勢をぐいぐい押しこまれてくれば、男と女の力の差でもさすがに辛い。しかも相手は剣道については強豪、対する輝也は数年前までほとんど女のような生活をしていたのだ。この力押しの場面で拮抗しているというだけでも、輝也は自分を褒めてやりたい。

 外野はやれ舎人だ、やれ輝也だ。いけ、そこだと相変わらず好き勝手に歓声を上げていた。その声が聴こえて、輝也はようやく、自分の心中に余裕を取り戻しつつあることを確信する。相変わらず剣を裁こうとしない雄一郎に、輝也は少しだけ不敵に微笑んで見せた。

「終わりか?」

 言い終えるより早く、ガンと力押しされ、雄一郎が輝也の間合いの外に出た。引いた。輝也はそう思った。雄一郎へ剣先を向けつつ、輝也は「彼女」向かって左方円を描く様にゆっくりと歩きだす。雄一郎も、右足を軸にしながら、剣先を輝也から外そうとしない。

「おれでは相手にならないのではなかったか。ずいぶん時間がかかっているようだが」

 途端、雄一郎がその場から弾けるように床を蹴り、輝也に突進してきた。右袈裟。躱して。そこからの胴抜き。輝也の読み通りに雄一郎は竹刀を打ち払い、輝也も先立つ読みと防御でそれらを凌ぎ、再び雄一郎の間合いの外に出た。

「なぜ仕掛けてこないんです」

「お前も言ったろう。この勝負おれに勝ち目はない。だがおれも、衆目にむざむざ敗北を晒すような醜態はしたくない。よって、おれは『負けない』」

 雄一郎は、少し間があって、ようやく「卑怯な……!」と言った。外野も、輝也の思惑に気が付き始めている。それよりも先に輝也が出雲の名前を呼んだ。

「五分だ。それまでにおれがお前から一本取られなければ、お前の負け。いいな」

「下らない!面目のため、神聖なる決闘のルールを捻じ曲げようというのか!」

「簡単なことだ。お前は、おれから一本を取ればいい。造作もない。そうだろう」

 出雲は審判と示し合せ、左手首の腕時計を見て「始め!」と声を張り上げた。今度も仕掛けてきたのは雄一郎だ。輝也はそれを捌いて間合いの外に出る。雄一郎が突っ込んでくる。またかわす。打ち込んでくる。さばいて身を引く。打ち込み。振りかぶると見せかけて再び身を引く――。

 雄一郎が肩で息をし始めた。輝也も、盲目時代の「感情の色」の読み取りを主に剣戟回避に精神力を廻しているため、体力的には相当しんどいところだ。だがこれを。雄一郎に悟られてはいけない。輝也はまた雄一郎の間合いの外に出ると、わざと大きくふう、と息を吐いて、まっすぐと雄一郎に向き合った。

「そうだな。ではこうしよう。おれがもしお前に『負けなかった』ら、これからお前は、おれの言うことをなんでもきく。どうだ?」

「何をバカな!これはそういう勝負ではない!」

「お前の面目を立てるために、おれはここで無様に負けねばならぬというのか?それこそ、神聖な決闘が聞いてあきれる。一応おれには、54期生をまとめ上げる義務が課せられているのでな。お前がおれに勝てなかったあかつきには、おれの指示のもと、お前にはクラスの連中と仲良くやってもらう」

 会場からどっと歓声が湧いた。同期連中は、雄一郎と上手くやる云々というより、「鉄壁ガードで貞操を守ってきた雄一郎が、誰かの指示に従わざるを得ない」という状況に、何がしかの興奮を覚えているのかもしれない。雄一郎は奥歯を食いしばりながら「ふざけるな」とようやく言った。輝也は、やはり少し微笑を浮かべて、竹刀を雄一郎に向け、「来い」とばかりに切っ先を振った。

「それとも、お前ともあろうやつが、俺に勝てる気がしないか?」

 雄一郎が竹刀を振り下ろしたまま輝也に向かってきた。さあ、次はどう来るか。
 先ほどまでと雄一郎の空気が変わっていることには気が付いていた。もしかしたら、「彼女」も心の平静を取り戻しつつあるのかもしれない。実は、あらかたの雄一郎との会話は、すべて輝也によって巧妙に仕組まれたブラフだった。相手を逆上させ、感情的なまま攻撃に転じさせる。人間も本能で動くときは、その行動をいたってショートカットに抑え込んでくるから、至極、思考を読みやすい。雄一郎は、女。女とは、ときに男よりも感情的に動くものだ。それが精神的なものであろうと、生死に関わろうとも、その感情を抑制することは女には難しい。輝也はそう、読んだ。

 が、どういうわけだろう。今、輝也に向かってくる雄一郎の感情の色を読み切ることができない。輝也は竹刀を正眼に構え直し、少しだけ体を引いて、どちらからの攻撃にも瞬時に対応できるよう神経を尖らせた。いかに先読みができずとも、行動するには動作を発動せねばなるまい。その発動の瞬間なら、思考を推察することができるだろう。問題は輝也の推理と雄一郎の剣戟の、どちらが早さで優るかであった。その刹那まで、輝也は雄一郎の攻撃を見極めようとした。

 舎人が、左肩に担ぐような形で、竹刀を振りかぶる。
 見たことのない形ではあったが、左に担いだのであれば、輝也の上段右方から入る攻撃の型になるはず。
 輝也は右方からの攻撃に備えた。
 次の瞬間。
 
 竹刀の柄尻が直接輝也の喉元に向けられた。


「!?」


――……よけ、られない……!
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
web拍手 by FC2

2011/12/19(月)
3、吉岡輝也の憂鬱

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。